2017年8月14日月曜日

2017.8.4~6 金木戸川双六谷

 こんばんは。暑い日が続きますね。Nです。夏休みを利用し沢登りをしてきたので報告します。
 台風が懸念され、直前まで行き先を変更しようか悩んでいたが、とりあえず現地に行って決めようとの話となり決行した。当初の予想をよい意味で裏切り、大成功の山行となった。

 メンバー:部員M、S元部長、N
左からS、M、N


 8/3夜22時頃、相模大野発。原村PAでSさんと合流し翌3時双六ダム着。ダムまでの道は神岡鉱業のトラックなども入るため、よく整備されていた。テントを設営しすぐに就寝。

 8/4 5時半起床、6:50発。まずは広河原まで長い林道歩きだ。眼下に深い谷を望みながらひたすら距離を稼ぐ。7:40作業小屋8:35中ノ俣川分岐。途中、林道が崩壊しており、巻道が作られていた。10:35小倉谷出合。吊り橋から軌道跡をたどって打込谷出合を目指すがすぐにヤブ漕ぎとなってしまう。明らかに誤っているのでとりあえず高度を上げると踏み跡があった。30分ほどロスした。12:25やっとで打込谷出合着。白い岩と夏らしい濃い緑。そして青緑色の水。ただただ暑い林道歩きから解放され皆気分が高まった。
奥が崩落した林道。巻道がつけられていた

こんなところにも道標がある










 出合からしばらく右岸をへつるがすぐに徒渉が必要となる。対岸に渡るために飛び石で岩を渡っていくのだが結構ジャンプが必要で岩が左側に傾斜しているので左足で着地しなければならない。部員Mはトントンと簡単に渡ったが私は左足のバランスが3年前からゼロのためバランスを崩し倒れこみ右ひざを強打した。これ以降両膝のバランスがなくなってしまいかつ、飛び石渡りがどうも怖くなり、他2人には歩速の面で迷惑をかけてしまった。とにかく水量が豊富で、大きな谷に入った経験のない我々は徒渉点の選定に時間をかけたことと、林道歩きの疲労の蓄積により、予定していたよりも行動には時間がかかった。
 17:10センズ谷出合。夕立にあいつつ、幕営地を探しながら歩き河原から3mほど上がったところによい場所があったので幕営。今回初めて使用するタープを設営しすぐに焚火の火を熾し宴会・夕食とする。炊き込みご飯は焦げたが美味しく食べた。少しぱらっと降ったが天気は崩れることはなかった。
ザイル徒渉するM

徒渉は胸までつかる



いい表情のM











下部は針葉樹が多い。岩がいちいち大きい

 















 8/5 6時起床。今回シェラフカバーだけで寝たが、酔っぱらって靴下も雨具も着用せず寝てしまったため寒かった。火を蘇生し、朝から焚火。7:45発。よい天気の中をしばらくは河原歩きが続く。両岸から大きな滝が出合うが、本谷自身には大きな滝はなくクライミング要素はあまりない。しかし、ゴーロの乗越などで結構腕の筋力も使う。部員Mと交代しつつ進んでいくが、私は膝に力が入らず、たびたび部員Mに引っ張り上げてもらった。
朝の双六谷。気持ちいい
滝をバックに




美しい淵

美しい水


 深い淵は相変わらず青く美しく、イワナも多い。気分よく進む。右岸・左岸どちらかはへつれるので水量が多くなければ徒渉して難なく登っていける。一か所ゴルジュで両岸がつるっとしている場所があり、左岸に残置シュリンゲがあった。シュリンゲを使っても、結構悪そうだったので部員Mに先行してもらう(厳しそうなところは大体忍者Mに行ってもらったのだ)。トラバースから降りるところで長い間踏ん切りがつかない感じだったが突破。その間、S元部長と私は泳いで突破を試みるも無駄に溺れかけた。結局部員、いや忍者Mにザイルで引っ張ってもらい泳いで突破した。本谷で核心といえるのはここだろう。12時蓮華谷出合。平凡なゴーロで出合っている。13:40、最後の滝を超えると水量も減り水もいくらか冷たくなった感じがする。そろそろ疲れたと思い始めたころ、渓相が開け河原状になったので、ビバーク地を探すため手分けしてうろうろ。右岸の台地の笹薮に切り開かれた場所を発見。今回導入したおもちゃのピストル(ダイソー)を2発鳴らし、本日の宿とする。15:30着。
蓮華谷出合

おそらく六千尺の滝

 幕営地に着く前に強めの夕立があったため、火はつきにくかったが、S元部長のバーナーも使い、根性で着火。夕飯はα米とスパム、麻婆春雨であった。私は今回もビール、焼酎、バーボン、日本酒と豊富なラインナップをそろえてきたのだが、翌日も長いので控えめにし、バーボンは残した。21:30就寝。食事中は小降りであったが、寝る直前から雨脚は強まっていた。

 8/6 5:30起床。雨は夜中に上がり空は青空も見えている。7:15発。上部にすぐ雪渓があるためか、水は冷たく、朝靄が立ち上がり幻想的だ。穏やかな渓相だが、茶ゴケで非常に滑りやすくなっているため、気は抜けない。少し行くと雪渓が覆いかぶさっており、右岸から雪渓の上に出た。雪渓は大きなものが2か所あった。9:30二俣。双六小屋を目指すため右へ入る。この辺りは前方に双六岳が大きく一面お花畑となっていた。二俣を過ぎるとすぐに水が涸れたため給水をした。源頭の雰囲気となり暑い中を登る。ヤブ漕ぎなしで10:40双六小屋から小池新道途中の登山道へ出た。ここで沢装備を解除。2日間他パーティーとは誰とも会わなかったが、多くのハイカーが通り過ぎていく。実家の父に迎えを頼むため双六小屋のGPS電話を借りに行ったりし、11:20発。12:20鏡平。14:25ワサビ平。ここで父と合流。セカンドバックに折りたためない傘という出で立ちだった。15:25新穂高着。帰りはあっというまであった。16:00双六ダムにて解散。

朝の靄

雪渓を上がる場面も

二俣。右へ入る

お花畑にて

双六谷遠望



 今回の双六谷は私がこの2年ほど温めていた計画だったので、絶対に成功させたいと考えていた。天気予報は悪かったが、結果好転し、また強いメンバーにも助けられ、結果よい夏の山行となった。お天気と仲間に感謝である。

 総評:両足にサポーターを巻こう。





2017年7月21日金曜日

2017.7.21 白山(石川県)

Hです。用事があって、せっかく日本海側に来たのだからということで、白山に登ってきました。
白山といえば、百名山として有名で、今年は開山1300年だそうです。

用事でもなければ、横浜からは中々行けませんが、仕事帰りに飛行機で羽田から小松へ飛び、そこからレンタカーを利用して、途中日帰り温泉に寄りつつ、登山口の別当出合に夜12時に到着、車中泊をして、朝、明るくなってから出発しました。

別当出合から白山の最高峰の御前峰までは、観光新道と砂防新道の二手に分かれます。どうも砂防新道の方が急斜がないルートのようで、ほぼそちらのルートで登る人が多いようです。
なるべくいろんなルートを歩いてみたいと思った私は、今回、観光新道から登って砂防新道から降りてみることにしました。














さて、登り始めは急斜面の石段が続きます。下りで使うと転がりそうな斜面...。1時間半ほどでしょうかしばらくもくもくと登って行くと、360度山並みが見渡せる尾根にあがるのですが、これはいいですよ!日本アルプスから離れた山域にこんな山並みがあったなんて驚きです。お花畑もあって気持ちい縦走路が続きます。









途中、ふもとの永平寺のお坊さんが修行に来ていました。山のごみを下しています。頭が下がります。









しかしながら、中間地点の室堂に近づくにつれて、ガスってきてしまいました。朝一番で室堂の小屋から登っていた人たちの話によると、素晴らしい景色であったと・・・。
まぁ、それでも山頂までは行ってみるかということで、御前山まで登ってみました。
おみくじがあったので引いてみると、小吉...「こんなときもある」とのことで、今日は残念ながら晴れるのを待たずに下山ですね。














そうはいっても、同じ道を戻るのも何なので、北側の複数の池がある方面を回ってからおりることにしました。晴れていると、山頂が池に映って素敵な場所らしいのですが、まだ池は雪渓で埋まっていたり、ガスで真っ白で残念でした。









また、横断しなければならない雪渓は、5か所くらいと結構長く(計1㎞超かな~)残っていましたが、しっかりカッティングされているので、心配なく歩けました。










そんなこんなで室堂に戻ってきた時にはまた晴れ間が戻ってきたのですが、山頂へ登り返してみるもまたすぐガスってきてしまったため、おみくじのいう通り、今日はそのまま、砂防新道からくだることにしました。








砂防新道も上部はなかなかの景観です。良く整備されているので、夏休みになったばかりの子供たちも家族でたくさん登ってきていました。









ちなみに砂防新道は甚之助谷の工事のために作られた道みたいで、工事風景も圧巻でした。










そのような訳で、この山域は日帰りで来るのはもったいない!別当出合の一つ下の登山口である一瀬から登って、別山や白山釈迦岳も一緒に縦走するのがお勧めかと思います(私もまた来たいと思います)。

たまには、知らない山域へでかけてみるのも世界が広がって、いいものです。
一緒に行ってくれる新入部員募集中です!


2017年7月15日土曜日

2017.7.15~16 黒戸尾根~甲斐駒ヶ岳

Hです。前の週に引き続き、左足首のリハビリを兼ねて、甲斐駒ヶ岳に登ってきました。
甲斐駒ヶ岳は、私にとって、初めて登った日本アルプスということで、思い出深い山です。

今回は、八王子から出発している登山バスで、登山口のある竹宇神社まで行ってスタートです。
バスの乗車時間は3時間半と大変便利ですが、パーキングごとに明かりがつき、また狭い車内だったので、ほぼ一睡もせず、スタートすることになってしました。

ヘッドランプを頼りに、まだ暗い4時に出発です。思ったよりも、トレランの人が多く、明るくなってくると多くのランナーに先をこされました。









夜が明けてくると、森の中は、木漏れ日で幻想的な雰囲気でした。急登で注目される尾根ですが、下半分は、山深い神秘的な森です。その空気に癒されます。









七丈小屋のテント場へは10時過ぎに到着しましたが、疲れたので(当たり前か…)、早めにテントを張ってゆっくり過ごすことにしました。...それにしても、夜になればテント場いっぱいにテントがあふれていました。グループで来ている人も多く、今度どの山に登ろうか~なんていう話が聞こえこえると、一人で来る気楽さの反面、仲間と登れることのうらやましさを感じたのでした。












翌朝、まだ薄暗い中テントをたたんで、山頂を目指して、山を登り始めると、途中朝日を見ることができました。快晴の朝日もいいですが、雲海に浮かぶ朝日は、雲を染めて色を変えるので、いつまでも見ていたくなる美しい景色でした。









山頂直下は岩をよじ登ります。適当に詰めたザックは岩や枝に引っかかり危ないですね。途中きちんと詰めなおして、先に進みました。











山頂は晴れでした!山頂からは、遠くまで続く緑の山脈、山深さを感じる景色が広がっていました。そして、山頂からは、北沢峠の方へ下山しました。

この辺りのピークは、百名山で知られていて、最短ルートのピークハントで登る人も多いですが、元気と時間があれば縦走して、見える山脈へ山の懐の大きさを肌で感じに行きたいと思いました。










そのような訳で、1日目少し左足首の負担が心配でしたが、2日目もしっかり歩くことができて、良かったです。引き続き、くじけずがんばりたいと思います。

2017年7月8日土曜日

2017.7.8~9 北岳

Hです。3月に左足首を骨折しギプスも取れて、ようやく山へ出かけられるようになりました。
2週間前の沢登りは足首に力が入らず散々でしたが、1週間前の根曲竹堀りで、藪漕ぎするだけの回復を感じたので、間髪入れず、今度はテント装備を担いで、山に登れるか実験もかねて登ってきました。

今回は、甲府駅のホテルに前泊し(野宿している登山者も多いですが…)、4時台の朝一番のバスに乗って広河原に入りました。7月の連休前ですが、臨時バスが3台出るくらい、バス停には長蛇の列が出ていました。広河原からはさらにバスに乗って北沢峠や奈良田へ向かう人もいるので、みんなが北岳へ行くわけではありませんが、人気の山域なんですね。

さて、天気は雨予報でしたが、朝一番は、快晴でした。青い空、新緑の森、涼しい沢いの道に癒されました。













二俣からは雪渓がなく登山者が少なかった右俣から登ることにしました。しかし、山頂に近づくにつれてガスがあがってきてしまい、以前来たときに感動した、北岳超しに富士山が見えるポイントで、空が真っ白だったのは残念でした。
そして翌日の朝日を期待して(北岳と富士山と朝日がいっぺんに見える)北岳肩の小屋で泊まることも考えましたが、明日の行程を考えて、本日中に、北岳を超えて、北岳山荘まで足を延ばし、テントを張ることにしました。









翌朝、晴れました。北岳肩の小屋にすればよかったかな...と思いましたが、今回はリハビリですし、余裕をもった行動が大切だと思いました。北岳から北岳山荘に続く斜面は昨日に引き続き、お花畑が満開で、朝の光を浴びる姿は特に美しく感じました。





















そして、下山につかった八本場のコルの斜面に、かろうじてキタダケソウが残っていたのはうれしかったです!今度はもっと咲いているときにまた来たいなと思いました。

その後は、右俣の雪渓をおりました。長い斜面で滑りやすい雪だったので、軽アイゼンでは不安になっていまいへっぴり腰でおりました。案の定、下の方で10メートルほど滑ってしまいました(他の人に迷惑をかけず良かったです)。やはり、油断は大敵で、備えあれば憂いなしで、今回はピッケルを持参するべきでした。












そのような訳でしたが、ひとまず、無事、下山することができました。
左足首は、まだ、横からの衝撃やつまずきに弱く、翌日はむくんで腫れていましたが、何とか、これからも山に登れそうで、ちょっと安心したのでした。

2017年6月20日火曜日

谷川岳一ノ倉沢(烏帽子沢奥壁南稜)

先日晴れて横浜市を卒業(!)し、プロ登山ガイドとなったサカモト前部長と谷川岳へ行ってきました。
-----------------------------------------------------------
日程:2017年6月16日(金)-17日(土)
天気:晴れ(ピーカン!!!)
メンバー:サカモト(CL)、ヒロイ
-----------------------------------------------------------
 《行程》
【1日目】ゴンドラプラザ駐車場集合(車中泊)
【2日目】
 02:30 起床
 03:20 ゴンドラプラザ駐車場出発
 04:10 一ノ倉沢出合
 05:30 南稜テラス(06:20? 登攀開始)
 09:15 南稜終了点
 12:10 一ノ倉岳
 13:20 谷川岳肩の小屋
 13:45 西黒尾根下山開始
 16:30 登山指導センター

《目標》 明るいうちに帰ろう 
----------------------------------------------------------------


【1日目】6月16日(金)
--------------------------------
土合駅の462段の階段
か、感激~(涙)

長野への移住が完了し、今回東京に用事のあるサカモトCLとは夜19時半にゴンドラプラザ駐車場で待ち合わせ。
ヒロイは一足先に登山指導センターで登山計画書の提出&情報収集に。

新潟方面から流れてきた雲の影響で南稜は岩がやや濡れているものの、翌日晴れればすぐに乾くとのこと。
  
センター泊の某山岳会のおじさん二人に「明日は3時に出発します!一番に南稜に取付くんです!!」と大見得を切ったが、結局アラームすら仕掛けず就寝。

蒸し暑さと、テラスで50人待ちになるというヘンな夢のせいでちょっと寝不足。湘南新宿ラインで爆睡しておいてよかったなあ。





【2日目】6月17日(土) 
--------------------------------
ちょうど明るくなる時間に一ノ倉出合に着くよう、3時半頃ゴンドラプラザ駐車場を出発。
今日はピーカン、絶好のクライミング日和の予感!
一ノ倉沢全景


テールリッジ取付き
ヒョングリ滝は雪の下でよくわからず

雪渓がみごとに残っており、テールリッジまで雪渓上をラクラク歩いて行けてしまった。これで1時間は時間短縮になったはず。

しかし、サクサク歩いていたせいもあるが、暑い。
軽量化のため水を稜線抜けに必要な最小限の量しか持ってこなかったことが悔やまれる。ジャケット置いて水入れてくればよかった。これからどんどん晴れるのに・・・。

テールリッジはやばそうなところにフィックスロープが張ってあるものの、このところヘタレスイッチ全開かつスラブ恐怖症罹患中の自分にはとても嫌な感じ。

当然、ビビってすべって泣きそうになる。





5時半、南稜テラスに到着。
なんかもう、ガマスラブ(@小川山)10本くらい登った気分だし帰っていいんじゃないかという気もするが、それじゃあ山屋が廃るぜ!サカモトCLから渾身の顔面蹴りで喝を入れられ、クライム・オン。
 
顔面蹴りは事故ですよ、事故
(滝沢スラブとサカモトCL)


南稜テラスで順番待ち。
サカモトチームは3番目。
1ピッチ目(30m Ⅳ級):サカモト
--------------------------------------------------------
ラストのⅤ級フェースより手強かったんじゃないか、と思わずにいられない、いじわるなチムニー。濡れて滑りやすいコケコケの薄カブリ、右側半分のホールド&スタンスが妙に薄く、さらに支点が遠い。ランナウトはしていないけどリードはめちゃくちゃ恐そう。


2ピッチ目(30m Ⅳ級):ヒロイ
--------------------------------------------------------
癒やしのターン。数メートルおきにハーケンがあり、スタンスも豊富。日当たり眺望もよく、平和を謳歌。


3ピッチ目(草付き):サカモト
--------------------------------------------------------
毛虫に注意

4ピッチ目終了点から眼下の6ルンゼ
見ろ!人がアリのようだ!!


 4ピッチ目(20m Ⅲ級):ヒロイ
--------------------------------------------------------
ホールドはガバなものの、ちょっと滑るのとルート取りが左右に振れる感じが嫌。岩陰に回り込んでからは滑る、浮石、ランナウトで(見落としただけで支点はあったのかも)、しかも序盤にかけ方を間違えたせいでロープが重い。一番の核心は逆層ヌルヌルの終了点。セルフを取るのにうっかり落っこちそう。


5ピッチ目(40m Ⅲ級):サカモト
--------------------------------------------------------
出だしのハイステップが味噌。そこを越えれば、後は高度感のある気分のいい登りを楽しめる。適度な安心感とすばらしい眺望、南稜のハイライト!


6ピッチ目(30m Ⅳ級):ヒロイ

一ノ倉、超楽しいー!!
(やばいところはサカモトCLに全部おまかせ)
--------------------------------------------------------
フェースからクラックへ。引き続きすっきり爽快!


7ピッチ目(20m Ⅴ級(A0)):サカモト
--------------------------------------------------------
6ピッチ目終了点に着いて本ルートの核心たる最終ピッチを見上げた瞬間、湧き水のような染み出しでビショ濡れの壁に失笑。げげげ、絶対すべるじゃん・・・。サカモトCL、フリー突破を試みるも岩のコンディションが悪すぎ、ポイントになるスタンスがすべりまくって使い物にならない。支点はハーケンだし・・・万が一を考えてトポに従いA0でトップアウト。なお、セカンドのヒロイも遠慮なくA0。9時15分、南稜終了点着。



延々と続く藪漕ぎ
小屋に着いたら炭酸買うんだ!(白目)
無事、南稜を終えて国境稜線へGO。
蒸し暑い中での笹の藪漕ぎ、応えるなあ・・・。
ヘンな虫も多いなあ・・・。

点在する岩場も濡れてすべってスリリング。かなり大きめの岩も浮いているので、本当に恐い。
転んだらヒョングリ滝まで真っ逆さまなので慎重に。途中、ギブアップして2度ほどロープを出してもらいました(「うっかり」が命取りの場所、支点はあるし最初からロープを出した方がいいと思う、たぶん)。
これ、南稜そのものより終了点から先の方が絶対に難易度高いよー。


12時10分、ついに「やっと飛び出る」国境稜線!!
サカモトCL、ありがとうございました。
おつかれさまでした

《おまけ》 国境稜線に抜けた後・・・


「ノゾキ」からのぞく、南稜上部の草付き。
こんなに急傾斜だったのか(驚)


オキの耳、トマの耳を経由して、肩の小屋へ。
コーラと炭酸で大休止。



一路、西黒尾根を下山。
なぜうちの山岳部は毎度のように下山に西黒をチョイスするのか。長時間のクライミングシューズでぼろぼろになった足には結構キツい。
「東尾根下山の時の西黒尾根も長かったけど、あの計画作ったのだれよ」とツッコむサカモトCLに、「いや、あなたでは・・・」とツッコみたくなるヒロイであった。

16時30分、登山指導センターに帰着。

久々の13時間行動。長い、長すぎる!!
長すぎるよおぉぉぉー(叫)


・・・という訳で、総括。
「長い」

入門ルートにして、「一ノ倉ズンドコ節」にも歌われる伝統あるルート、烏帽子沢奥壁南稜。
楽しかったけど、次は6ルンゼを懸垂下降でいいや(笑)