2017年10月15日日曜日

八ヶ岳・大同心クライミング

 こんにちは、上野です。
 今年は夏から秋にかけて週末は雨に見舞われていますが、晴れ間を縫って八ヶ岳へ行ってきましたので報告します。

日程:2017年10月8~9日 一泊二日
メンバー:上野、廣井
目標:日頃のストレス解消?


 当初、山岳部では例年通り小川山クライミング・キャンプを予定していましたが、前日までの雨で中止。
 かねてからの公約もあり、先着一名様限定でヒロイさんと八ヶ岳の大同心へ出かけました。

 大同心は八ヶ岳の一角に聳える岩峰で、隣には小同心もあります。
 ちなみに同心とは江戸時代の下級武士・役人を意味するようで、赤岳や横岳、硫黄岳といった主要な山の下に控えた従者的存在から来ているようです。(まるで自分みたい?)

10/8 大同心南稜
 朝、相模大野集合。圏央道から中央道に乗ろうとするが早くも渋滞。
 東名から御殿場、大月経由と作戦変更し、難場を凌ぐ。
 雪の無い八ヶ岳は久し振り。いつも冬にばかり来ているので、緑の阿弥陀岳が新鮮です。

 二時間ちょっとでベースとなる赤岳鉱泉に着。
 速攻でテントを張り、この日のうちにまずはリハーサルがてらショートルートの南稜を登ることにします。



 アプローチは大同心稜。
 この時点で一般登山道を離れ、立入禁止のロープを潜っていきます。
 基本的に自己責任の世界ですが、既に堅気の世界から逸脱しつつあるヒロイさんは危なげなく付いてきてくれます。

 大同心稜を登ること小一時間。目指す岩峰が見えてきました。
 今日登る南稜はその名のとおり南側に位置する岩のリッジ。
 夕暮れも迫っているので、岩峰の「肩」までの3ピッチとしました。


 八ヶ岳はその昔、火山だったことから、この辺の岩壁は大小さまざまな大きさの石を土台となる壁にセメントで貼り付けたような独特の形状をしています。
 これは熱い溶岩が急速に冷えて固まったもので、溶接と同様、一見ポロッと取れそうな岩でも意外としっかりくっついているものです。
 それでも最初のうちは恐る恐る、ホールドがしっかりしているか一つ一つ確認しながら慎重に登っていきます。
 日頃、横浜のクライミングジムや湯河原の岩場、そして既に穂高や谷川岳のルートも登っているヒロイさんには楽勝です。





 問題なく初日のクライミングを終了。
 周囲の山や森がオレンジ色に染まる中、ベースの赤岳鉱泉へ下ります。

10/9 大同心正面壁・雲稜ルート
 朝5時半起床。山の朝は早いですが、それでも昨日はTVやスマホなどで夜更かしせず、19時には眠りに入ったのでたっぷり10時間睡眠です。
 なんて健康的なんでしょう。w
 
 朝食を済ませ、昨日と同じアプローチの大同心稜を登ります。
 昨日のうちにロープやその他の装備は岩場の脇にデポしておいたので、これは正解。
 ルートはあいにく先行組がいて貸切ではありませんでした。二番手としてスタート。
 
 岩の形状は昨日と同じく、壁の表面からボコボコと大小の岩が飛び出した形ですが、今日のルートの方は傾斜が垂直から薄被り。グレード(困難度)も少し上です。
 それでもリードを順番に交替しながら、順調に高度を上げていきます。






 登っている時は目の前にある岩の一つ一つに気持ちが集中していますが、たぶん稜線を歩く一般登山者からは凄い所を登っているように見えると思います。
 これがアルパイン・クライミングの醍醐味ですね。
 
 先行パーティーの時間待ちもあって少し時間がかかりましたが、それでも無事に大同心の頭まで完登。
 日頃の練習の賜物です。
 
 クライミングは危険もあり、好きな人にだけお勧めしていますが、こうした非日常的な体験ができるのも山岳部ならでは。
 仕事とはまた違う達成感を味わいたいと思ったら、山岳部へ入ってみませんか。
 やさしい(?)オジさん、オネーさんが懇切丁寧に指導します。
  
 (上野・記)

韓国の山旅(個人山行)

 こんにちは、上野です。
 最近、ブログの更新も途切れがちですが、市役所山岳部は粛々と活動しておりますのでご安心(?)ください。
 天候不順が続く中、韓国へ行ってきましたので報告します。


日程:2017年9月14日(夕方)~18日、実質3日間(単独)
目標:韓国の岩を制して、肉も制す!


9/14 成田-ソウル
 九月の三連休に夏休1日半プラスして韓国へ。今回は成田から出発しました。
 国際線なので二時間前には空港へ行き搭乗手続きをしましたが、飛行機の所要時間もほぼ二時間。
 そこから小一時間鉄道に乗れば、もうソウルです。



 日本でも公共機関にハングル表記が珍しくなくなりましたが、それ以上にあちらは日本に対して親切です。
 案内板や鉄道の券売機、車内アナウンスも日本語対応で、一人でもまったく問題なくスムーズに現地入りできました。
 さらに向こうの人はフレンドリーで、道を尋ねると自分のスマホを出して、時には同行して目的地まで連れて行ってくれます。
 東京五輪が近づく中、日本もこうあるべしと勉強させられます。


9/15 北漢山・仁寿峰(インスボン)クライミング

 この日は、事前に予約しておいた韓国山岳ガイドのジョンとクライミングです。
 韓国にはそれほど高い山はありませんが(最高峰でも済州島のハンラ山で2,000m弱)、首都ソウルの近郊には特異な岩山が数多くあります。
 その代表的なものが「仁寿峰(インスボン)」で、標高810m。
 白い花崗岩の岩山で一般的な登山道は無く、フリークライミングで登ります。







 本日登ったのは、シュイナードBとインスAというルートで、主に岩の割れ目(クラック)を利用して登りました。
 標高は低いながら剥き出しの高度感は十分で、日本ではなかなか味わえない爽快なロケーションを楽しみました。

 夕方には下山し、日本より格段に安い登山用品店などを物色し、夜は焼肉です。

9/16 北漢山・仁寿峰(インスボン)クライミング

 引き続き、ガイドのジョンとクライミング。
 昨日はフェイス(壁)クライミングでしたが、今日はリッジ(岩稜)クライミングです。


 この日も最高の天気に恵まれました。
 日本では今頃、台風が上陸しているはずですが、どうなっているでしょう。こちらの空はまったくのアナザースカイです。






 それにしてもソウルの人々は登山が好きです。
 他に手軽なレジャーがないと言ってしまえばそれまでですが、ソウル市街から小一時間も乗れば魅力的な岩山がゴロゴロしているという地の利もあって年配者から山ガールまでクライミングやハイキングを楽しんでいます。

 韓国といえば「KARA」や「少女時代」(古い?)を思い浮かべますが(笑)、とにかくあれだけ焼肉を食べる文化がありながら皆シェイプアップされているのは、健康的に運動を続ける国民性からだと思います。
 同じアジアの国ながら、オリンピックで韓国と日本ではメダルの数がまったく違うのをご存知ですか。


 この日の夜は牛鍋としました。しかし、これはイマイチ。
 同じ肉でも牛なら日本、韓国は豚。これが基本です。(笑)


9/17 道峰山(トポンサン)ハイキング

 実質的に最終日。今日はジョンが空いてないため、一人でハイキングです。
 ソウル市街から地下鉄に乗って小一時間、道峰山という所へ出かけました。

 
 イメージとしては東京から高尾山、横浜から丹沢の大山といった感じですが、それよりももっと身近に感じられます。
 そして平坦な市街地からボコンと突き出た山容のため、頂上からの景色はとても標高700mとは思えないほどです。






 下山後は明洞(ミョンドン)でお土産品を物色。
 ロッテ百貨店をはじめ多くの人で賑わう、銀座と渋谷をミックスしたような街でした。 
 夜はキムチ鍋です。こちらが何にしようかと迷っていたら、勝手に店のおばちゃんが決めてしまいました。
 日本人ならキムチ鍋にしとけば間違いないと思われているようで、今後行く時は注意が必要です。

 
 この日は空港ロビーで仮眠。翌早朝の便で帰国し、三泊五日の現実逃避(?)トリップを終えました。

(まとめ) 
 韓国は二度目でしたが、それにしても近いです。
 思い立ったのが三週間前。航空券も宿もネットで簡単に取れ、下手に国内の遠くの山へ行くより全然、手軽に行けてしまいます。
 今回は成田からの便でしたが、飛行機代が往復で28,000円、宿はバックパッカー向けの安宿ですが、素泊まり三泊でたったの2,000円で済みました。
 そして横浜から半日もかけずに、もうソウルです。

 さらに韓国といえば焼肉天国。まさに「早い、安い、旨い」と、どこかの牛丼屋のような手軽さです。



 また、今回特に感じたのは人の優しさ。
 最近では戦時中の問題から来る反日感情、前大統領の更迭やら隣の北朝鮮の不穏な動きなど、何となく緊張した雰囲気が
日本のメディアから発信されていますが、そんな心配は無用。
 市民の人たちはいたって明るくみな親切で、こちらが日本人だと言うと片言の日本語で「コンニチワ」「ハジメマシテ」「アリガトウ」などと笑顔で返してくれます。

 というわけで結論。京都もいいですが、「そうだ、韓国へ行こう!」

 (上野・記)

2017年8月14日月曜日

2017.8.4~6 金木戸川双六谷

 こんばんは。暑い日が続きますね。Nです。夏休みを利用し沢登りをしてきたので報告します。
 台風が懸念され、直前まで行き先を変更しようか悩んでいたが、とりあえず現地に行って決めようとの話となり決行した。当初の予想をよい意味で裏切り、大成功の山行となった。

 メンバー:部員M、S元部長、N
左からS、M、N


 8/3夜22時頃、相模大野発。原村PAでSさんと合流し翌3時双六ダム着。ダムまでの道は神岡鉱業のトラックなども入るため、よく整備されていた。テントを設営しすぐに就寝。

 8/4 5時半起床、6:50発。まずは広河原まで長い林道歩きだ。眼下に深い谷を望みながらひたすら距離を稼ぐ。7:40作業小屋8:35中ノ俣川分岐。途中、林道が崩壊しており、巻道が作られていた。10:35小倉谷出合。吊り橋から軌道跡をたどって打込谷出合を目指すがすぐにヤブ漕ぎとなってしまう。明らかに誤っているのでとりあえず高度を上げると踏み跡があった。30分ほどロスした。12:25やっとで打込谷出合着。白い岩と夏らしい濃い緑。そして青緑色の水。ただただ暑い林道歩きから解放され皆気分が高まった。
奥が崩落した林道。巻道がつけられていた

こんなところにも道標がある










 出合からしばらく右岸をへつるがすぐに徒渉が必要となる。対岸に渡るために飛び石で岩を渡っていくのだが結構ジャンプが必要で岩が左側に傾斜しているので左足で着地しなければならない。部員Mはトントンと簡単に渡ったが私は左足のバランスが3年前からゼロのためバランスを崩し倒れこみ右ひざを強打した。これ以降両膝のバランスがなくなってしまいかつ、飛び石渡りがどうも怖くなり、他2人には歩速の面で迷惑をかけてしまった。とにかく水量が豊富で、大きな谷に入った経験のない我々は徒渉点の選定に時間をかけたことと、林道歩きの疲労の蓄積により、予定していたよりも行動には時間がかかった。
 17:10センズ谷出合。夕立にあいつつ、幕営地を探しながら歩き河原から3mほど上がったところによい場所があったので幕営。今回初めて使用するタープを設営しすぐに焚火の火を熾し宴会・夕食とする。炊き込みご飯は焦げたが美味しく食べた。少しぱらっと降ったが天気は崩れることはなかった。
ザイル徒渉するM

徒渉は胸までつかる



いい表情のM











下部は針葉樹が多い。岩がいちいち大きい

 















 8/5 6時起床。今回シェラフカバーだけで寝たが、酔っぱらって靴下も雨具も着用せず寝てしまったため寒かった。火を蘇生し、朝から焚火。7:45発。よい天気の中をしばらくは河原歩きが続く。両岸から大きな滝が出合うが、本谷自身には大きな滝はなくクライミング要素はあまりない。しかし、ゴーロの乗越などで結構腕の筋力も使う。部員Mと交代しつつ進んでいくが、私は膝に力が入らず、たびたび部員Mに引っ張り上げてもらった。
朝の双六谷。気持ちいい
滝をバックに




美しい淵

美しい水


 深い淵は相変わらず青く美しく、イワナも多い。気分よく進む。右岸・左岸どちらかはへつれるので水量が多くなければ徒渉して難なく登っていける。一か所ゴルジュで両岸がつるっとしている場所があり、左岸に残置シュリンゲがあった。シュリンゲを使っても、結構悪そうだったので部員Mに先行してもらう(厳しそうなところは大体忍者Mに行ってもらったのだ)。トラバースから降りるところで長い間踏ん切りがつかない感じだったが突破。その間、S元部長と私は泳いで突破を試みるも無駄に溺れかけた。結局部員、いや忍者Mにザイルで引っ張ってもらい泳いで突破した。本谷で核心といえるのはここだろう。12時蓮華谷出合。平凡なゴーロで出合っている。13:40、最後の滝を超えると水量も減り水もいくらか冷たくなった感じがする。そろそろ疲れたと思い始めたころ、渓相が開け河原状になったので、ビバーク地を探すため手分けしてうろうろ。右岸の台地の笹薮に切り開かれた場所を発見。今回導入したおもちゃのピストル(ダイソー)を2発鳴らし、本日の宿とする。15:30着。
蓮華谷出合

おそらく六千尺の滝

 幕営地に着く前に強めの夕立があったため、火はつきにくかったが、S元部長のバーナーも使い、根性で着火。夕飯はα米とスパム、麻婆春雨であった。私は今回もビール、焼酎、バーボン、日本酒と豊富なラインナップをそろえてきたのだが、翌日も長いので控えめにし、バーボンは残した。21:30就寝。食事中は小降りであったが、寝る直前から雨脚は強まっていた。

 8/6 5:30起床。雨は夜中に上がり空は青空も見えている。7:15発。上部にすぐ雪渓があるためか、水は冷たく、朝靄が立ち上がり幻想的だ。穏やかな渓相だが、茶ゴケで非常に滑りやすくなっているため、気は抜けない。少し行くと雪渓が覆いかぶさっており、右岸から雪渓の上に出た。雪渓は大きなものが2か所あった。9:30二俣。双六小屋を目指すため右へ入る。この辺りは前方に双六岳が大きく一面お花畑となっていた。二俣を過ぎるとすぐに水が涸れたため給水をした。源頭の雰囲気となり暑い中を登る。ヤブ漕ぎなしで10:40双六小屋から小池新道途中の登山道へ出た。ここで沢装備を解除。2日間他パーティーとは誰とも会わなかったが、多くのハイカーが通り過ぎていく。実家の父に迎えを頼むため双六小屋のGPS電話を借りに行ったりし、11:20発。12:20鏡平。14:25ワサビ平。ここで父と合流。セカンドバックに折りたためない傘という出で立ちだった。15:25新穂高着。帰りはあっというまであった。16:00双六ダムにて解散。

朝の靄

雪渓を上がる場面も

二俣。右へ入る

お花畑にて

双六谷遠望



 今回の双六谷は私がこの2年ほど温めていた計画だったので、絶対に成功させたいと考えていた。天気予報は悪かったが、結果好転し、また強いメンバーにも助けられ、結果よい夏の山行となった。お天気と仲間に感謝である。

 総評:両足にサポーターを巻こう。





2017年7月21日金曜日

2017.7.21 白山(石川県)

Hです。用事があって、せっかく日本海側に来たのだからということで、白山に登ってきました。
白山といえば、百名山として有名で、今年は開山1300年だそうです。

用事でもなければ、横浜からは中々行けませんが、仕事帰りに飛行機で羽田から小松へ飛び、そこからレンタカーを利用して、途中日帰り温泉に寄りつつ、登山口の別当出合に夜12時に到着、車中泊をして、朝、明るくなってから出発しました。

別当出合から白山の最高峰の御前峰までは、観光新道と砂防新道の二手に分かれます。どうも砂防新道の方が急斜がないルートのようで、ほぼそちらのルートで登る人が多いようです。
なるべくいろんなルートを歩いてみたいと思った私は、今回、観光新道から登って砂防新道から降りてみることにしました。














さて、登り始めは急斜面の石段が続きます。下りで使うと転がりそうな斜面...。1時間半ほどでしょうかしばらくもくもくと登って行くと、360度山並みが見渡せる尾根にあがるのですが、これはいいですよ!日本アルプスから離れた山域にこんな山並みがあったなんて驚きです。お花畑もあって気持ちい縦走路が続きます。









途中、ふもとの永平寺のお坊さんが修行に来ていました。山のごみを下しています。頭が下がります。









しかしながら、中間地点の室堂に近づくにつれて、ガスってきてしまいました。朝一番で室堂の小屋から登っていた人たちの話によると、素晴らしい景色であったと・・・。
まぁ、それでも山頂までは行ってみるかということで、御前山まで登ってみました。
おみくじがあったので引いてみると、小吉...「こんなときもある」とのことで、今日は残念ながら晴れるのを待たずに下山ですね。














そうはいっても、同じ道を戻るのも何なので、北側の複数の池がある方面を回ってからおりることにしました。晴れていると、山頂が池に映って素敵な場所らしいのですが、まだ池は雪渓で埋まっていたり、ガスで真っ白で残念でした。









また、横断しなければならない雪渓は、5か所くらいと結構長く(計1㎞超かな~)残っていましたが、しっかりカッティングされているので、心配なく歩けました。










そんなこんなで室堂に戻ってきた時にはまた晴れ間が戻ってきたのですが、山頂へ登り返してみるもまたすぐガスってきてしまったため、おみくじのいう通り、今日はそのまま、砂防新道からくだることにしました。








砂防新道も上部はなかなかの景観です。良く整備されているので、夏休みになったばかりの子供たちも家族でたくさん登ってきていました。









ちなみに砂防新道は甚之助谷の工事のために作られた道みたいで、工事風景も圧巻でした。










そのような訳で、この山域は日帰りで来るのはもったいない!別当出合の一つ下の登山口である一瀬から登って、別山や白山釈迦岳も一緒に縦走するのがお勧めかと思います(私もまた来たいと思います)。

たまには、知らない山域へでかけてみるのも世界が広がって、いいものです。
一緒に行ってくれる新入部員募集中です!